病院

ホルモンバランスが崩れることによって引き起こされる甲状腺の病気

バセドウ病の治療

看護師

甲状腺ホルモンは微量で全身の代謝を促進する作用があります。特に成長期には欠かせないホルモンの一種です。成人してからも、分泌量が多すぎたり少なすぎたりすると、さまざまな症状を引き起こします。バセドウ病は甲状腺ホルモンが多すぎる甲状腺の病気です。目玉が飛び出してくることは有名ですが、ほかにも動悸がする、脈拍が速くなる、手足が震える、暑さに弱くなり大量の汗をかく、などの症状が見られます。精神的に不安定になる場合もあります。女性は甲状腺の病気にかかる人が、男性の4倍もいると言われています。しかし症状だけでは判断できないことも少なくありません。原因不明の体調不良を覚えたら、早めに医療機関で血液検査を受けてみることをお勧めします。

バセドウ病の治療は薬物療法が基本になります。甲状腺ホルモンの生成を抑える薬を投与して、しばらく様子を見ます。薬をやめると再発することがあるので、気長に続ける必要があります。薬物療法は体への負担が比較的少ないというメリットがあります。ただし薬で完治する人と、完治しにくい人に分かれており、場合によっては数年以上治療しても完治しないことがあります。薬が効かない場合には、手術で甲状腺を取り除いたり、放射性ヨードを内服して甲状腺の細胞を壊す治療法があります。完全に甲状腺を切除してしまうと、一生ホルモン剤を飲みつづける必要があります。この方法は熟練した医師に施術を受ければ、速やかに完治させられる点がメリットです。

早期発見がポイント

カウンセリング

すい臓はその位置関係から、すい臓がんを発症しても、発見しにくいという特徴があります。すい臓の周囲には血管やリンパ節が多いため、発見が遅れてしまうと、全身に転移してしまいます。早期発見をすることが重要です。

もっと読む

がん死亡者が増加している

医者

日本人の死亡率はがんがトップになっています。食生活やライフスタイルの変化によって大腸がんやすい臓がんが増加しています。がんは早期発見をすれば直る病気となっていますので定期的に検査を行うことが重要です。

もっと読む

転移を防ぐ方法

聴診器

癌という病気の怖いところは治ったと思っても隣接している臓器に転移したり、血液を通して身体中にがん細胞がいったりする点なのです。そのため、癌は転移する前に適切な処置をするのが大事になってきます。

もっと読む