がん死亡者が増加している|ホルモンバランスが崩れることによって引き起こされる甲状腺の病気
ハート

ホルモンバランスが崩れることによって引き起こされる甲状腺の病気

がん死亡者が増加している

医者

早期発見が重要

少子高齢化が進展が加速しており人口に占める生産人口の減少が顕著になっています。高齢者の死亡率ではがんがトップとなっています。食生活の変化や発がん物質の摂取によって遺伝子の異常を引き起こしてがんが発症しています。がん対策としては早期発見が最大の対策ですから定期的に健康診断を受けることが重要です。すい臓がんは早期発見の難しいがんとされており、腫瘍マーカーの検査をするのですが、発見できないケースが散見されています。すい臓がんの特徴は背中の痛みを感じることで発見することが多いのですが、その場合はすでに手遅れになっているケースが多くなっています。最近は血液を検査するとすい臓がんを識別できるという実証試験が行われています。

医学は日進月歩で進化する

医学の進歩は飛躍的になっています。全世界の医学界ががん撲滅の闘いを行っています。日本では大腸がんやすい臓がんの増加が顕著となっています。従来は塩辛い食物の摂取が原因で胃がんが多かったのですが、食生活やライフスタイルの変化によって罹病する内容にも変化が見られています。今後もこの傾向には拍車がかかることが想定されていますので検査も大腸がんやすい臓がんを対象にした内容を増やす必要があります。最近は遺伝子の解析が進んでいるためがんに対しても様々な対応が見られるようになっています。医療機器の発展やゲノムの配列の解析によってがんも不治の病ではなくなりつつなっています。当面は早期発見に重点を置くと同時にがんになりにくい体質にする予防ということにも取り組むことが重要です。